観葉植物のサイト「garden style」

観葉植物について 観葉植物の効果 観葉植物と土 観葉植物と水やり ハイドロカルチャー

観葉植物と水やりについて

植物にとって水は生きていく上で必要不可欠のものです。 当然、観葉植物を栽培するうえでもっとも基本で大切な要素になります。水やりを適切に行っているかどうかが、その生育に影響を与え、最悪枯れてしまうこともあります。 特に室内の観葉植物にとっては、植物本来の生育環境ではないため、人工的に環境を補わなくてはなりません。原産地が高温多湿地帯では水を多めに、乾燥地帯では乾燥気味に(植物によって異なるため一概にはこの通りではありません)水を与えます。 しかし、植物は水分を根から吸収しますが、その際に、土中に空気がないと水を吸収することは出来ません。鉢土が乾くまもなくどんどん水やりをしていると土の空気が無くなり、根が水を吸収することが出来ず、根が腐っていきます。これが「根腐れ」状態です。根腐れになると水分を吸い上げられず、水切れ状態になってしまいます。 植物を枯らしてしまう原因で一番多いのが“水の与えすぎ”です。必要以上に与えると、植物は水を吸収しないので、鉢の中に水が溜まり根腐りを起こしてしまうのです。根の環境をよくするための、基本の水やりをまとめてみました。


観葉植物の水やりの方法

水やりをする時は、鉢底から水が流れ出てくるまでたっぷりと与えます。これは季節に関係なく同じです。こうすることで、用土の間にある汚れなどを押し流すとともに、水が抜ける際に、鉢土の中に新鮮な空気が供給されるのです。

植物の育て方でよく書いてある、水を多めに与えるや水を控えめにするというのは、1回に与える量のことではないです。水を与えてから次に与えるまでの間隔を変えることで、その植物が好む湿り気を維持します。

観葉植物の水やりの間隔

観葉植物は種類によって、どのくらいの乾燥、湿度を好むかは異なります。とはいえ、以下の3種類を植物によって選びます。

  1. 土の表面が乾いたら与える
  2. 土の表面が乾く前に与える
  3. 土の表面が乾いた後、2〜3日してから与える

土の表面が乾くというのは、最初のうちは土を指で触って湿っているかを感じてみましょう。慣れてくると鉢を持ったときの重さで土が乾いているかがわかるようになってきます。

ワンポイント☆・・・水やりの管理が楽なプランターや、通気性が良いテラコッタなど、育てる環境に適しているものを使いましょう。

観葉植物には葉水が大切

多湿状態を好むほとんどの観葉植物は、梅雨時期のじめじめした環境を好むので、霧吹きなどで葉に水をかけ、なるべく空気中の湿度を高めます。これが「葉水」です。
葉水は葉の表面より裏側、また、幹にもしっかりかけましょう。葉水をすることで、カイガラムシやハダニ、ウドンコ病など、乾燥時に発生しやすい病害虫の防除にもなります。特に冷暖房が入っている室内などの空気が非常に乾燥している環境は苦手なので、できるだけは水をして空気中の湿度を上げるようにしましょう。

pickup

Last update:2015/7/3